効率よく


    正確な作業をするためには、効率のよい方法を考える必要があります。物流倉庫ではこの考えが基本になっているのですが、倉庫で作業をするときにはどんな風に作業効率を上げているのか紹介します。

    Read more

運ぶために


    バイクを陸送するためにはどれぐらいの距離を運ぶのかによって料金が変化します。また、料金が変化することによってどのような違いがあるので、しっかり確認しておきましょう。

    Read more

利用する前に


    バイクを輸送するときには、どの業者にいつどこまで輸送するのか確認しておく必要があります。基本的に輸送に必要なポイントはたくさんあるので忘れないように注意しておきましょう。

    Read more

見積もりを安く

コールセンターで話す女性

引越し料金の最安値で引っ越ししたいのであれば、訪問見積りです。まずは、インターネットの一括見積もりサイトで無料で見積りを複数社にしてもらいます。その中で一番安い業者を選ぶのですが、さらにそこから安くするのは訪問し見積もりをしてもらうことです。インターネットや電話での見積り金額は、いわば仮見積りの金額です。料金に幅を持たせているケースが多いのです。実際に荷物の量を見てだしているわけではありませんので、もし量が多かった時のことを考えて出しているのです。引越した当日に積み残しがあっては大変ですので、多く見積もっていいます。それが、訪問見積りをしてもらうことで正確な料金を出すことができますので、料金が安くなることがあるのです。

引越し業者に訪問見積もりを依頼する場合は、訪問してもらう日程を決めなくてはならなくなります。複数の引越し業社に見積りを依頼しているとなると、バラバラの日程にするだけの余裕もありませんので、1日のうちでそれぞれの業者で時間帯をずらしてみてもらいます。訪問見積もりをしてもらうには、前提として日程に余裕があることが条件となります。引越予定日まで日数がないとなると、その間に訪問してもらってとなりますので段取り良くはやめはやめに計画立てて手配しなければならないです。また、引越し業者に訪問してもらう際ですが、特に荷物をまとめておいたり部屋を片付けておくまでのことは不要です。相手はプロですので、段ボール箱が何箱必要なのかも分かります。